果物は太る原因になるという本当とウソ

「朝の果物は金」という諺がありますが、それを証明するかのように「バナナダイエット」「朝フルーツダイエット」というダイエット方法が出てきていますね。

これには理由があります。果物はとても消化が早く、約20分で消化してしまいます。

バナナだけ果物の中で水分が少ないので、消化に1時間ほどかかりますが、消化が早いということは人の体に負担をかけていないことを指します。

果物はよく太るといってダイエット中の人は避ける人がいますが、食後のデザートとして食べると確かに太る原因にはなります。

果物は約20分で消化しますので、空腹時に食べるのが最も効果的です。

胃での消化作用は不要ですから、食べてすぐ胃を通過して、必要な水分や栄養素を各臓器で吸収していきます。

果糖は人間が必要とする脳の血糖値を緩やかに上げてくれてます。血糖値が上がれば、眠気を覚ましたり、集中力を上げてくれたりします。

そして、すぐに食物繊維と共に、腸などの排泄器官に向かうのです。

このように果物を正しく摂取すると、美肌やダイエットにとても効果的なのです。

しかし、空腹時にはこれだけスピーディーに私たちの体に好影響を与えてくれるのに、消化作業が必要でないはずの胃に他の食べ物があれば、その消化作業に遭遇することになります。

つまり、食後のデザートとして食べた場合のことですね。

胃で停滞している間に、果物の果糖やフルーツ酸は胃酸と混ざり、他の食べ物と共に腐敗が始まります。

果物の栄養素がそこで腐敗してしまうということは、各臓器や皮膚に栄養が回らないので、即老廃物になるということです。

そして、先に胃の中にあった食べ物もすでに体内で腐敗しているので、栄養素は無くなっています。

消化に時間がかかり、排泄器官に回るのも遅くなるので、停滞している老廃物がこれまた私たちの皮下脂肪や贅肉となって「太る」のです。

これが「果物は太る」と言われる所以ですね。

果物は朝一番の空腹時が最も効果的とされていますが、昼食や夕食時でも、胃が空っぽの状態で食前に食べるのであれば「太る」原因にはなりません。

前菜としてフルーツを食べていれば、次に食べる物の消化も良くしてくれます!

空腹時に果物を食べるようにしておけば美肌・ダイエットの近道です。

その他、もっと具体的なことがこのマニュアルに書かれていますので、まずは読まれてみてはいかがでしょうか。
野菜ソムリエが贈るビューティーダイエット

その日にサイズダウンが可能な骨盤ダイエット

ビックリするダイエット方法を発見しました。

内容は今、流行りの骨盤ダイエットなんですが、すごいのが『その日にサイズダウンが可能』なんです!!!

なんと、TVの生放送中にマイナス6cmもサイズダウンし、関係者もビックリした商品です!

『ぷっすま』でも紹介され、楽天ダイエット部門でも1位を獲得!モデルさんも愛用しているみたいですね。

プロポーションの大敵である骨盤の開きを簡単にリセットしてしまう優れものです。

使い方も簡単、このベルトを腰に巻いて、毎日簡単な骨盤体操やウォーキングをするだけです。

ベルトのホックはたくさんついているので、自分に1番合うように調節できますよ。

ウエストシェイプだったり、おしりちっちゃくなったり、気になっているO脚にも効きそうです。

小尻を目指して頑張ってください。産後の人にはホント嬉しい商品です!!

結果がすぐ出るのが嬉しいです。ほんとビックリです!!
たった30分の番組中にズボンがゆるくなっちゃった!骨盤ウォーカーベルト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。